クレジットカードの審査は厳しい?審査基準・審査の難易度は?

クレジットカードの審査は厳しい?審査基準・審査の難易度は?クレジットカードを作るには、各カード会社の審査に通ってからカードが発行されるようになりますので、カード審査に落ちてしまうとクレジットカードを取得することができなくなります。

また、クレジットカードの審査は、カード会社ごとに独自の審査基準を設けていますので、あるカード会社のクレジットカードの審査には通ったのに、別のカード会社のクレジットカードの審査には落ちたということも起こります。

では、クレジットカードの審査は厳しいものなのでしょうか。クレジットカードの申込条件や取得条件、クレジットカードの審査基準や審査の難易度はどのようになっているのでしょうか。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

クレジットカードとは?

クレジットカードとは、カード会社が一時的に商品代金を立て替えてくれるサービスです。クレジットカードには、会員ごとに利用限度額が個別に設定されていますので、カード会員は設定された利用限度額の範囲内で、現金の代わりにカードで商品を購入することができるようになります。

また、クレジットカードの支払いには一括払いの他にも、毎月一定額を支払う分割払いやリボ払い、ボーナス時期にまとめて支払うボーナス払いなど、クレジットカードには様々な支払い方法がありますので、収入に合わせて毎月計画的に支払いをすることもできます。

しかし、クレジットカードの発行は、誰にでも無作為にカード発行を行っているものではありません。カード会社からすれば、クレジットカードを発行して商品代金を一時的に立て替えるわけですから、後日、カード会員に立て替えた分の金額を請求しても、商品代金を支払ってもらえない可能性もあります。

そのため、カード会社はクレジットカードの発行に際して、申込者の年齢や性別、職業などの他にも、支払い能力や返済能力についても、十分に審査を行った上でクレジットカードを発行しているのです。

クレジットカードの審査とは?

クレジットカードの審査は、各カード会社ごとに独自に行っていますので、原則として審査内容や審査基準は一般に公開されることはありません。あくまでも、各カード会社の申込条件や審査基準に照らし合わせて、カード発行が可能かどうかを審査する流れとなります。

そのため、クレジットカードの審査・審査基準は各カード会社ごとに異なるようになりますので、仮に1社で断られたからといって、全てのカード会社の審査に落ちてしまうということはありません。あるカード会社に申し込みをして、その後、カード発行が見送られた(審査に落ちた)としても、他のカード会社のクレジットカードでは、通常どおり取得できたというケースもあります。

クレジットカードの審査はカード会社ごとに異なる

クレジットカードの審査は、全てのカード会社が一律で同じ審査をしているわけではなく、カード会社ごとに定められた独自の審査によって、カード発行が可能かどうかが決まります。そのため、仮に他社で断られたとしても、他のカード会社の審査基準を満たすことができれば、クレジットカードを取得することができます。

また、カード会社ごとに申込条件や審査の傾向が異なりますので、スムーズにクレジットカードを取得するためにも、カード会社ごとの審査傾向を把握することも重要です。

クレジットカードの審査基準・審査の難易度は?

クレジットカードは、各カード会社ごとに審査基準や審査の難易度が異なりますので、あるカード会社で審査が否決でも、他のカード会社では審査可決という場合もあります。

一般的には、クレジットカードの審査難易度は、銀行系クレジットカードが1番厳しい傾向があり、次に信販系クレジットカード、最後に流通系クレジットカードとされています。

銀行系クレジットカードとは?

銀行系クレジットカードとは、主に銀行系列のカード会社が発行しているクレジットカードを指します。銀行系で代表的なクレジットカードは、三井住友VISAカードJCBカードなどがあります。

銀行系クレジットカードは、銀行系列のクレジットカードということもあり、信頼性やステータス性が非常に高いクレジットカードです。また、銀行系のクレジットカードは、旅行傷害保険などのカード付帯保険が充実していますので、非常にバランスの取れたクレジットカードです。

信販系クレジットカードとは?

信販系クレジットカードとは、主に自動車ローンやショッピングローンなどを取り扱っているクレジットカード会社を指します。信販系の代表的なクレジットカードは、オリコカードライフカードセディナカードジャックスカードなどがあります。

信販系クレジットカードは、自動車を購入する際や家電を購入する際に利用することが多く、知名度が非常に高いという特徴があります。また最近では、ポイント付与に力を入れている信販系クレジットカードが多くなっていますので、かなりお得なクレジットカードと言えます。

流通系クレジットカードとは?

流通系クレジットカードとは、主にスーパーやコンビニ、百貨店などが発行しているクレジットカードを指します。流通系の代表的なクレジットカードは、セゾンカードエポスカードイオンカードJMBローソンPontaカードVisaYahoo!Japanカード楽天カードなどがあります。

流通系クレジットカードは、提携しているスーパーやコンビニ、デパートなどで買い物をすると、ポイント還元率が高くなる非常にお得なクレジットカードです。また、店舗やお店によっては、5%割引や10%割引といった割引優待を利用することもできますので、流通系クレジットカードは、かなりお得なクレジットカードです。

クレジットカードの審査に落ちる原因は?

クレジットカードには「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」というように、いくつかの種類がありますが、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードは、いわゆるステータスカードと呼ばれるクレジットカードとなりますので、通常のクレジットカードよりも審査基準や取得難易度は高くなります。

しかし、クレジットカードの一般カードについては、ほとんどのクレジットカードが高校生を除く18歳以上の方であれば、通常どおり申し込みを行うことができるようになっています。言い換えれば、クレジットカードは20歳以上の社会人の方はもちろん、18歳~19歳の未成年の方でも、大学生や専門学生、短大生といった学生の方でも普通に入会できるものなのです。

ただ、クレジットカードの審査では、毎月きちんと支払いができるかどうかを最も重視しますので、下記に該当する場合にはクレジットカードの審査に落ちてしまうこととなります。

支払いの遅れや延滞がある場合

現在の利用、過去の利用も含めて、クレジットカードやローンの支払いで遅れや延滞がある場合には、新たにクレジットカードを作ることが困難となります。

カード会社が1番重要視することは、申し込みを行った方の返済能力です。返済能力とは、毎月遅れずに支払いができるかどうかを確認する項目ですが、返済能力を確認する際には、申し込みを行った方の過去から現在に至るまでのクレジットカードやローンの利用状況(返済状況)を確認します。

その際に、これまでに何度も支払いが遅れていたり、何ヶ月も支払いを放置していたり、決められた期日通りに返済をしていないというようなネガティブな情報があると、クレジットカードの発行が見送られてしまうのです。

私たちのクレジットカードやローンの利用状況は、個人信用情報機関に記録され、尚且つカード会社が記録された情報を共有しています。支払いの遅れや延滞は、クレジットカードの審査では致命的となりますので、絶対に遅れてはならないのです。

引き落としに間に合わなかった!これだけはやってはいけないNG集

毎月の収入がない、収入が安定していない場合

クレジットカードの審査では、毎月の収入についても非常に重要です。また、クレジットカードの申し込み条件でも「安定した収入がある方」となりますので、毎月の収入が不安定な場合には、カード審査に落ちてしまうことがあります。

特に、転職したばかりでクレジットカードに申し込みを行うと、勤続年数が短いということで審査に落ちることがあります。そのため、転職後にクレジットカードの申し込みを行う場合には、最低でも1年以上が経過してから申し込みされることをおすすめします。

その他、職業によっても、毎月の収入が安定していないとされることがあります。たとえば、水商売や日雇い派遣といった職業は、たとえ一時的に高収入を得ていたとしても、離職率が非常に高い職業ということもあり、毎月の収入が不安定とみなされます。

本人と連絡が取れない場合、折り返しの連絡がない場合

クレジットカードの審査では、必ず本人確認を行った後にカードが発行されます。これは、第3者によるいたずらや不正申し込み等を防止するためにも必ず本人確認を行っています。

そこで、カード会社の本人確認では、主に本人の携帯電話に連絡をして、本人確認を行うこととなります。その際に、仕事などで電話に出られない場合には、着信があった番号に折り返し電話をかけ直すこととなります。

しかし、カード会社から連絡があったにも関わらず、電話に出ない、あるいは折り返しの連絡をしないとなると、カード会社としてもいたずら申し込みとして処理することとなりますので、申し込みが一旦取り消される場合があります。

クレジットカードに申し込みを行うと、その後、カード会社から本人確認の連絡がありますので、電話があった際には必ず対応することが重要です。

おすすめのクレジットカードは?

クレジットカードを取得する際には、銀行系のクレジットカードをメインとして、その他によく利用する店舗やお店に合わせて、信販系や流通系を何枚か保有するのが最もお得に活用できる方法です。

たとえば、JCBカード三井住友VISAカードをメインカードとして申し込みを行います。次に、オリコカードライフカードエポスカードといったポイント還元率が高いお得なクレジットカードに申し込みを行います。

また、利用する店舗やお店によって、お得なクレジットカードが異なるようになりますので、普段利用しているお店と提携しているクレジットカードを作ることも重要です。

たとえば、コンビニのローソンをよく利用するならJMBローソンPontaカードVisa、ドコモユーザーならNTTドコモ dカード、ゴルフをするならGDOカード(一般)というように、よく利用する店舗やお店ごとにクレジットカードを使い分けることで、非常にお得に買い物をすることができるようになるのです。

クレジットカードは、1枚だけ保有して、その1枚のみを利用するというよりも、複数枚のクレジットカードを使い分けることで、さらに効果を高めることができます。クレジットカードは使う場所や店舗によっても使い分ける必要がありますので、複数枚のクレジットカードを上手に活用することが重要なのです。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

SBIプラチナカード

JCBゴールド

このページの先頭へ