ICチップとは?ICチップ付きクレジットカードと磁気カードの違い

ICチップとは?ICチップ付きクレジットカードと磁気カードの違いICチップとは、大量のデータを記憶したり複雑な処理を行うことができる高度な機能を持つ電子部品です。ICチップは、キャッシュカードやクレジットカード、社員証や学生証にもICカードとして利用されていますが、ICチップ付きクレジットカードは記憶できる容量が多く、セキュリティーにも優れているため、2018年にも義務化されると言われています。

また、現在発行されているクレジットカードは、主に磁気ストライプとICチップの2つとなりますが、ICチップ付きのクレジットカードを利用するには、ICチップ対応端末に切り替える必要がありますので、現状ではなかなか普及が進まない状況でもあります。

そこで、ICチップやICチップ付きクレジットカードについて、ICチップ付きクレジットカードと磁気ストライプ式のクレジットカードの違いについてまとめました。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

ICチップとは?ICチップ付きクレジットカードとは?

ICチップとは、高度な処理を行うことができる電子部品の1つですが、ICチップの高度な機能をクレジットカードに応用したのがICチップ付きクレジットカードとなります。

ICチップ付きクレジットカードは、ICチップをカードに埋め込んだタイプのクレジットカードで、磁気ストライプのクレジットカードよりも記憶容量が多く、尚且つICチップ専用の端末でなければ利用することができませんので、ICチップ付きクレジットカードはセキュリティー対策としても非常に有効です。

磁気ストライプのクレジットカードは不正に利用されやすい

磁気ストライプのクレジットカードは、導入コストが安く、読み取り機も広く普及していますので、現在も磁気ストライプのクレジットカードが使われています。

ただ、磁気ストライプのクレジットカードは、磁気ストライプの中にカード情報が全て入っているため、簡単にカード情報を読み取ることができ、スキミングの被害に遭いやすいのです。

現在は、2018年を目途に、ICチップを義務化する流れにはなっていますが、今現在も磁気ストライプのクレジットカードを利用されている方は、無用なトラブルを避けるためにも、磁気ストライプのクレジットカードは解約し、ICチップのクレジットカードを利用されることをおすすめします。

ICチップ付きクレジットカードと磁気ストライプの違いは?

ICチップと磁気ストライプ(磁気カード)の違いは、クレジットカードの読み取り方が大きく異なります。

たとえば、クレジットカードで買い物をする際に、店員が専用の読み取り機に上から下にクレジットカードを読み取らせている光景を1度は見たことがあるのではないでしょうか。お店の店員にクレジットカードを渡して、店員が渡されたクレジットカードを上から下に読み取らせていれば、あなたが利用しているクレジットカードは磁気ストライプのクレジットカードということになります。

また、磁気ストライプのクレジットカードは、クレジットカードの裏面に黒のライン(横線)が入っていますので、クレジットカードの裏面を確認することですぐにわかります。

逆に、ICチップ付きのクレジットカードは、専用端末にクレジットカードを差し込んで、暗証番号を入力するのが一般的です。ICチップ付きクレジットカードは、カードの表面にICチップが埋め込まれていますので、クレジットカードを確認するとすぐにわかります。

ただ、現状ではICチップに対応した読み取り機が普及していないということもあり、ほとんどのクレジットカードがICチップと磁気ストライプの両方を搭載することで対応しています。そのため、ICチップが付いているクレジットカードでも、お店によっては磁気ストライプを読み取ってカード決済を行うという場合もあります。

おすすめのICチップ付きクレジットカードは?

もし、現在利用しているクレジットカードにICチップが付いていない場合、あるいは、これから新たにクレジットカードを作る際には、ICチップ付きのクレジットカードを取得されることをおすすめします。

現在は、経済産業省が2018年のICチップ付きクレジットカードの義務化に向けて調整をしている段階ですが、ICチップを義務化するには、臨時国会で割賦販売法の改正案を提出しなければならず、まだまだ時間がかかる可能性があります。

クレジットカードの不正利用は、毎年100億円以上と言われていますので、今こうしている間にもクレジットカードの不正利用の被害に遭う可能性が高いのです。そのため、磁気ストライプのクレジットカードを利用している方は、すぐにでもICチップのクレジットカードに変更するほうが良いのです。

最もセキュリティーに優れたおすすめのクレジットカード

最もおすすめのICチップ付きクレジットカードは、JCBカード三井住友VISAカードになります。

JCBカードも三井住友VISAカードも、どちらも銀行系のクレジットカードということもあり、信頼性や安全性に非常に優れたクレジットカードです。また、JCBカードも三井住友VISAカードも、仮にクレジットカードの不正利用があっても、届けた日から60日前まで遡って損害金が補償されますので、JCBカードと三井住友VISAカードは、万が一の時でも安心なクレジットカードなのです。

不正利用の対策は、セキュリティーがしっかりしているクレジットカードを使うことが最も重要となりますので、まだ磁気ストライプのクレジットカードを利用されている方は、早めにJCBカード三井住友VISAカードに申し込みされることをおすすめします。

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

JCB ORIGINAL SERIES

アコムマスターカード(ACマスターカード)

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

JCBゴールド

このページの先頭へ