国民共済はクレジットカード払いできる?電子マネーの支払いは?

全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)国民共済でクレジットカード払いができたら便利ですよね。全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)は、こくみん共済や団体生命共済、マイカー共済や火災共済、ねんきん共済や新総合医療共済など、様々な共済保険を取り扱っている非営利団体となりますので、全労済を利用している方は非常に多いのです。

また、クレジットカードや電子マネーによる支払いは、利用金額に応じてポイントが付与されますので、現金払いや口座振替よりもお得な支払い方法なのです。

では、国民共済はクレジットカード払いができるのでしょうか。全労済の共済保険をクレジットカードや電子マネーで支払うことは可能なのでしょうか。

オリコカードザポイントは年会費無料でポイント還元率が1.0%~2.0%以上

国民共済とは?全労済の共済保険の種類とは?

国民共済は、全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)が行っている相互扶助の共済事業ですが、全労済の共済保険には様々な種類があります。

また、全労済の保険には遺族保障、医療保障、障がい・介護保障、老後保障、住まいの保障、くるまの補償の6つの分野と14の共済商品が用意されていますので、希望する商品を自由に選ぶことができます。

全労済の共済保険の種類

・遺族保障
こくみん共済
せいめい共済
いきいき応援

・医療保障
こくみん共済
新総合医療共済
いきいき応援

・障がい・介護保障
こくみん共済
新総合医療共済

・老後保障
ねんきん共済
新総合医療共済

・住まいの保障
住まいる共済

・くるまの補償
マイカー共済
自賠責共済
交通災害共済

国民共済はクレジットカード払いできる?

全労済の共済保険には、いくつかの分野と複数の共済商品がありますが、全労済の共済保険でクレジットカード払いができるかどうかは、共済保険の種類によって異なります。

そこで、全労済の共済保険でクレジットカード払いが可能な保険は、「こくみん共済」「住まいる共済」「新総合医療共済」「新せいめい共済」の4つになります。その他の共済保険は、通常どおり口座振替による支払いです。

また、共済保険のクレジットカード払いは、初回の共済掛金のみカード払いが可能で、2回目以降の共済掛金の支払いは口座振替となります。現状ではクレジットカード払いが可能な共済保険でも、2回目以降も継続してクレジットカード払いを利用することはできませんので、あくまでも初回支払い時のみクレジットカード払いを利用することができます。

クレジットカード払いが可能な共済保険

こくみん共済
住まいる共済
新総合医療共済
新せいめい共済

国民共済を電子マネーで支払うことはできる?

全労済の共済保険は、こくみん共済、住まいる共済、新総合医療共済、新せいめい共済の4つは、初回の掛金をクレジットカードで支払うことができます。ただ、全労済の共済保険は電子マネーには対応していませんので、QUICPayやiD、nanacoやSuica、WAONやPASMOなどの電子マネーによる支払いはできません。

また、共済保険のクレジットカード払いには条件がありますので、仮に条件を満たせない場合には、クレジットカード払いが利用できず、通常どおり銀行口座からの口座振替になります。

共済保険のクレジットカード払いの条件とは?

全労済の共済保険(こくみん共済、住まいる共済、新総合医療共済、新せいめい共済)は、初回の掛金をクレジットカードで支払うことができます。ただ、クレジットカード払いを利用する際には利用条件がありますので、条件を満たした場合のみクレジットカードによる支払いが可能になります。

クレジットカード払いの条件

1.クレジットカード払いが可能な共済保険に申し込みを行う
クレジットカード払いができるのは、「こくみん共済」「住まいる共済」「新総合医療共済」「新せいめい共済」の4つです。その他の共済保険ではクレジットカード払いはできません。

2.専用の申込書をダウンロードする
全労済HPの「各共済商品の申込書ダウンロードページ」から加入申込書をダウンロードして申し込みを行います。逆に全労済の資料請求ページから申し込みをした場合には、クレジットカード払いが利用できなくなります。

国民共済は初回だけでもクレジットカード払いがお得!

国民共済は、「こくみん共済」「住まいる共済」「新総合医療共済」「新せいめい共済」の4つでクレジットカード払いを利用することができます。また、国民共済のクレジットカード払いは、初回の掛金のみクレジットカードで支払うことができますので、2回目以降は通常どおり口座振替となります。

そこで、国民共済をクレジットカードで支払うのはお得なのかとなりますが、たとえ初回の1回のみだとしても、国民共済を現金払いや口座振替で支払うよりもクレジットカードで支払うほうがお得です。

クレジットカードは、カードの支払金額に応じてポイントが付与される仕組みとなりますので、たとえ100円でも200円でも、1,000円でも2,000円でも、現金で支払うよりもお得なのです。現金払いや口座振替で支払いをしても何も還元されませんので、多少でも還元されるクレジットカードを利用するほうがお得です。

国民共済のクレジットカード払いは、特に面倒な手続きはありませんので、全労済の共済保険に申し込みをする際には、クレジットカード決済が可能な専用の申込書をダウンロードしてカード払いを利用されることをおすすめします。

オリコカードザポイントは年会費無料でポイント還元率が1.0%~2.0%以上

誕生月はポイント5倍!ライフカードは年会費無料でポイントがどんどん貯まる!

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ