すき家でクレジットカードは使える?電子マネーや商品券の支払いは?

すき家すき家は、全国に1,900店舗以上を展開するゼンショーホールディングスの牛丼チェーンとなりますが、すき家は牛丼や豚丼の種類が豊富で、サイドメニューも数多く用意されている最大手の牛丼チェーン店です。

また、すき家は牛丼・豚丼以外にも、定食やカレー、まぐろ丼やとりそぼろ丼、さらにおもちゃ付きの子供向けメニューもありますので、すき家は家族で利用することができる牛丼チェーンと言えます。

では、すき家はクレジットカードが使えるのでしょうか。すき家で電子マネーや商品券・ギフトカードは利用できるのでしょうか。

JCB CARD Wは年会費無料でいつでもポイント2倍のお得なクレジットカード

すき家はクレジットカードが使える?

すき家はクレジットカードが使える?すき家は、最大手の牛丼チェーンとして全国に数多くの店舗がありますが、すき家の支払い方法は、現時点では全店舗でクレジットカード払いには対応していません。

ただ、すき家を運営するゼンショーホールディングスは、2018年3月末までに全店舗にクレジットカード決済を導入することを発表していますので、現在は一部の店舗で先行してクレジットカード決済を導入している状況です。

そのため、現時点では全ての店舗でクレジットカードを利用することはできませんが、一部の店舗では既にカード決済を導入していますので、店舗によって利用できるところもあれば、逆に利用できない店舗もあるという状況となっています。

すき家公式サイトの店舗検索を行うと、2019年4月現在は全国1,600店舗~1,700店舗のすき家にクレジットカード決済が導入されていますので、8割程度の店舗でクレジットカードを利用することができます。

今後は、順次カード決済の導入が進んでいくことが予想されますが、現時点では全ての店舗で導入はされていませんので、すき家でクレジットカードを使いたいという場合には、事前に確認した上で利用されることをおすすめします。

すき家で使えるクレジットカードブランド

VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ

クレジットカードの導入時期

2018年3月末までに順次導入
※現在は全体の8割ほどの店舗で先行してクレジットカード決済が導入されています。

Suki passとは?販売期間や使用期間、対象商品や使い方・購入方法は?

すき家で電子マネーの支払いはできる?

すき家で電子マネーの支払いはできる?すき家は、2015年から電子マネーを導入していますので、現時点ではほぼ全ての店舗で電子マネーを利用することができます。

すき家で利用できる電子マネーは、iD、QUICPay、楽天Edy、交通系電子マネーのSuicaやPASMOなど、数多くの電子マネーが利用できますので、すき家は非常に便利な牛丼チェーンと言えます。

ただ、すき家はnanacoやWAON、Pontaは利用することができませんので、種類によっては電子マネーが使えない場合があります。

すき家で利用できる電子マネー

iD、QUICPay、楽天Edy、交通系電子マネー(Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)

すき家は商品券やギフトカードは使える?

すき家は商品券やギフトカードは使える?すき家は、現金払いの他にクレジットカード払いや電子マネーの支払いに対応した牛丼チェーンですが、すき家は基本的に商品券には対応していませんので、ジェフグルメカードやクオカード、JCBプレモカードなどは利用することができません。

また、クレジット系のギフトカードにも対応していませんので、JCBギフトカードやVJAギフトカード、UCギフトカードやDCギフトカード、三菱UFJニコスギフトカードなども使うことができません。

ただ、すき家はゼンショーグループの株主優待券を利用することができます。その他、楽天市場で販売しているデジタルチケットの楽券を利用することも可能です。

すき家で使える商品券

株主優待券、楽券
※楽券は販売が停止されています。5月から再開される予定です。

すき家のその他の支払い方法は?

すき家は、現金払いとクレジットカード払い、電子マネーによる支払いが利用できる牛丼チェーン店です。また、すき家はその他の支払い方法として、プリペイド型の電子マネー(ポイントカード)のCooCaを利用することができます。

CooCaは、すき家やココス、はま寿司や宝島、ジョリーパスタや華屋与兵衛、牛庵、いちばんなどのゼンショーグループで利用することができるプリペイド型の電子マネーです。

CooCaを利用する際には、事前に現金やクレジットカードでチャージをして活用することになります。

その他の支払い方法

ZENSHO CooCa
※ZENSHO CooCaは、ゼンショーグループの各店舗で利用できる電子マネーです。

新ポイント制度のCooCaとは?

ZENSHO CooCa今までの電子マネーZENSHO CooCaは、チャージをして利用するプリペイド型の電子マネーでしたが、新しいZENSHO CooCaはポイントカードとして利用することができます。

新しいZENSHO CooCaはカード提示で200円(税込)ごとに1ポイントが付与されますので、現金払いでもクレジットカード決済でも他の電子マネーの支払いでも、CooCaポイントを貯めることができます。

ZENSHO CooCaのポイント還元率

カード提示で200円ごとに1ポイント(1CooCaポイント)が付与されます。貯まったポイントは、1ポイント1円として使うことができます。

すき家の支払いは電子マネーが便利

すき家の支払いは電子マネーが便利すき家の支払い方法は、「現金」「クレジットカード」「電子マネー」「ZENSHO CooCa」の4つを利用することができますが、現時点のクレジットカードでの支払いは、利用できる店舗と利用できない店舗がありますので、あまり使い勝手の良い支払い方法ではありません。

ただ、現金で支払うとなると、会計の時にその都度小銭を用意しなければなりませんので、かなり面倒ですよね。だからといって、すき家専用の電子マネーをわざわざ作って、チャージしてから利用するというのも非常に手間がかかります。

そこで、すき家の支払いで最も便利でお得なのは、電子マネーによる支払いになります。ただし、電子マネーによっては、すき家で支払いをしてもポイントが付与されない電子マネーもありますので、すき家で電子マネーを利用する際には、ポストペイ型のiDとQUICPayがおすすめです。

すき家の支払いはiDとQUICPayがおすすめ

すき家の支払いは、ポイントペイ型のiDとQUICPayがおすすめです。ポストペイ型の電子マネーは、後払い方式の電子マネーとなりますので、事前にチャージする必要がなく、クレジットカードの利用限度額の範囲内であれば、いくらでも利用することができる電子マネーです。

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード年会費無料でポイント還元率が高いお得なクレジットカードなら、JCB CARD WJCB CARD Rがおすすめです。

JCB CARD WとJCB CARD Rは、どちらも年会費が無料でポイントが2倍~4倍になる非常にお得なクレジットカードです。また、JCB CARD WとJCB CARD Rは家族カードやETCカードも全て無料で取得することができますので、1円の料金もかからずに使うことができます。

すき家を利用する際には、ポイント還元率が高いJCB CARD WとJCB CARD Rの電子マネーQUICPayを利用することで、現金で支払うよりもお得にポイントを獲得することができます。すき家は電子マネーの支払いが必須となりますので、まだJCB CARD WJCB CARD Rを持っていない方は、早めに申し込みされることをおすすめします。

JCB CARD Wは年会費無料でいつでもポイント2倍のお得なクレジットカード

JCBオリジナルシリーズ

三井住友VISAカード

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

ライフカードCh(年会費あり)

アコムマスターカード(ACマスターカード)

このページの先頭へ