フレッシュネスバーガーはクレジットカード使える?電子マネーの支払いは?

フレッシュネスバーガーフレッシュネスバーガーでクレジットカードや電子マネーが使えたら便利ですよね。

フレッシュネスバーガーは、フランチャイズ展開をしているハンバーガーチェーンとなりますが、フレッシュネスバーガーは、オーダーが入ってから調理を始めるハンバーガーショップとなりますので、いつでもできたてを食べることができる人気のハンバーガーショップです。

また、フレッシュネスバーガーは素材や品質にこだわったハンバーガーチェーンということもあり、肉汁が溢れるオリジナルのビーフパティや国産の生野菜・北海道のじゃがいもなどを使用しているハンバーガーチェーンとしても有名です。

では、フレッシュネスバーガーはクレジットカードが使えるのでしょうか。フレッシュネスバーガーで電子マネーは利用できるのでしょうか。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

フレッシュネスバーガーでクレジットカードは使える?

フレッシュネスバーガーは、全国に150店舗以上を展開する人気のハンバーガーチェーンですが、フレッシュネスバーガーの支払い方法は、原則として現金払いとフレッシュネス専用のプリペイドカード(フレッシュネスカード)となりますので、クレジットカードを利用することはできません。

ただ、フレッシュネスバーガーは、フランチャイズ展開をしているハンバーガーチェーンとなりますので、店舗によってはクレジットカード払いに対応している場合もあります。

クレジットカード払いに対応している店舗例

フレッシュネスバーガー 新宿御苑店

フレッシュネスバーガーは電子マネーで支払いできる?

フレッシュネスバーガーは、一部の店舗で電子マネーのiDやQUICPay、楽天Edyやnanaco、WAONなどを利用することができます。また、ごく一部の店舗ではSuicaやPASMOといった交通系の電子マネーを利用することも可能です。

ただ、電子マネーの利用についても店舗ごとに「使えるお店」「使えないお店」がありますので、電子マネーの支払いを希望する際には、事前に利用できるかどうかを確認されることをおすすめします。

フレッシュネスバーガーで利用できる電子マネー

iD
QUICPay
楽天Edy
nanaco
WAON
交通系の電子マネー
※フレッシュネスバーガーは一部の店舗で電子マネーが利用できますが、電子マネーの利用は店舗ごとに異なりますので、お店によっては使えない店舗もあります。

フレッシュネスバーガーはフレッシュネスカードがお得

フレッシュネスバーガーは、一部の店舗でクレジットカードや電子マネーを利用することができますが、フレッシュネスバーガーで最もお得な支払い方法は、繰り返し何度でも利用できるチャージ式のフレッシュネスカードになります。

フレッシュネスカードは、フレッシュネスバーガーが発行しているプリペイドカードとなりますが、フレッシュネスカードは1,000円以上500円単位で12,000円までチャージをすることができるカードです。

また、フレッシュネスカードは毎月1日~7日にチャージをすると、チャージした金額に+10%がボーナスとして加算されますので、毎月1日~7日にまとめてチャージすることで、常に10%割引でフレッシュネスバーガーを利用することができるようになります。

ただし、フレッシュネスカードには返金がなく、1年間の期限もありますので、全く利用せずに最終利用日から1年が経過すると、残高に関係なくカードが無効となります。

フレッシュネスカードは、フレッシュネスバーガーの最もお得な支払い方法ではありますが、期限を過ぎるとカードが無効になりますので、フレッシュネスカードは普段からフレッシュネスバーガーを利用している方向けのプリペイドカードと言えるでしょう。

三井住友VISAカードは安心・信頼の世界ブランド

年会費初年度無料!JCBカードは日本唯一の国際ブランド

三井住友VISAカード

JCB ORIGINAL SERIES

ACマスターカードは年会費無料!しかも最短即日のスピード発行

アコムマスターカード(ACマスターカード)

三井住友VISAゴールドカード

このページの先頭へ